賃貸契約解除はお早めに、作業工程と事前調査で円滑な引越しを。

スムーズに賃貸物件から引越すには、引越しの準備に必要なものを、あらかじめ確認して揃えておくことが大切です。

賃貸契約解除はお早めに、作業工程と事前調査で円滑な引越しを。

賃貸物件からの引越しの準備に必要なもの

借りていた賃貸物件から引越すことになった場合に必要になるのが、引越し費用です。引越し費用は頼む業者や時期によって異なります。新生活を始める4月前に引越しをする人が多いので、1年の中で3月に引越しが多くなります。この時期が最も引越し費用が高いです。安く行いたい場合は、友人等に協力を頼み、レンタ-を使用する方法があります。また、業者の繁忙期を避ければ、費用の価格相談ができるケースがありますので、何社かに見積もりを頼んで比べることもできます。

引越しが決まったら、しなければならない手続きや、必要な書類があります。次ぎに住む所の契約に必要なのが、住民票、印鑑、保証人の書類と印鑑証明です。引越しによって住所が変わりますので、転出届も必要になります。引越しの日にちが決まったら、現在の賃貸物件の契約解約と、新しい住まいの契約が必要です。現在住んでいる住居の電気・ガス・水道会社への退去連絡と、新たに住む住居での使用開始連絡が必要です。

引越し業者の手配が決まったら、数日前にダンボールを受け取ります。ダンボールが届いたら、荷造りを開始します。新居にダンボールが到着して、開封する時に、どこに何が入っているか分かるようにしておくと便利です。全ての物をダンボールに入れ終えたら、ダンボールの数を数えておきます。業者の手違い等でトラブルが起きた時に対処しやすいからです。

関連ページ

Copyright (C)2018賃貸契約解除はお早めに、作業工程と事前調査で円滑な引越しを。.All rights reserved.